クレジットカードを持つなら学生のうちに

クレジットカードを使う学生

学生専用クレジットカードは基本、18歳以上ならクレジットカードを持つことができ、ほとんどが年会費無料です。
一般カード同じスペック、それ以上のスペックのカードが用意されていたり、学生ならではのサービスが付帯されていたり、学生だけのボーナスポイントなども用意されているカードもあります
そして、卒業後もクレジット履歴を継続でき、信用審査でも有利になるので、在学中に学生用カードを作っておくことをおすすめします


おすすめ学生用クレジットカード

入会キャンペーン実施中!!ライフカード学生 絶賛CM放映中!!ANA JCBカード学生
誕生月利用分ポイント5倍 !
入会後1年間はポイント1.5倍
海外ショッピング利用5%キャッシュバック!
>>ライフカード(学生)詳細はコチラ
学生含む18歳〜25歳まで限定カード!
一番ポイントが貯まる三井住友VISA!
実質年会費無料!お得!
>>三井住友VISAデビュープラスカード
詳細はコチラ

学生にやさしいクレジットカード会社

クレジットカードに加入する時には、カード会社の審査にパスする必要があります。
この審査は、特に銀行系カードの場合は新卒の社会人や定期収入のない人には厳しく、場合によっては加入できないこともあるのですが、学生であれば全く条件が違ってきます。

カード会社は数年後の将来、優良顧客になってくれることを見越して、学生に自社のカードを持ってもらおうと考えているようです。
将来の一般カードの顧客を先に取りこんでおくという戦略があり、審査に問題のない学生用カード会員の卒業後には、特に解約を申し出ない限り、同じタイプの一般カードに自動切り替えが行われます。
一般カードへの移行の際にはそれまでの履歴をもとに審査ができるため、会員にとっても一般カードに入りやすいというメリットがあります

年会費無料で旅行保険も付帯

海外と比べて現金支払いが圧倒的に多いというのが日本の決済事情ですが、その海外へ行った場合や、普段のネットショッピングでは、やはりクレジットカードが便利です。
学生用クレジットカードに加入すると、カード付帯の海外旅行保険が利用できるため、特に海外旅行や留学の予定がある方は作っておいたほうが便利でしょう。

クレジットカードを利用するとポイントやマイルがたまっていきますが、貯められるのはポイントだけではありません。
クレジットカードの利用額や返済状況は、その会員の信用情報としてカード会社に蓄積されます。
卒業後に一般カードに移行する際にはその信用を基に新しく審査がされるのですが、信用実績があれば当然、審査も有利になります。
自動継続であればポイントも引き継がれるのでお得です。

大学カードと年会費無料カードのどちらを選ぶか

慶応、早稲田、明治、立教、北海道大、名古屋大など、主要な大学の多くがカード会社と提携して大学カードを発行しています。
大学生協の割引など大学ごとのサービスを受けられ、その利用代金の一部を奨学制度などの学生支援事業や同窓会の援助にあてるというカードですが、それだけにカード年会費は有料です。

これに対して、各カード会社が学生向けに発行するカードは、在学中は年会費無料の上、付加サービス無料、厚いポイントサービスを設定するなどいろいろと優遇して、加入を促進しています。
どちらかを選ぶとすれば、大学内で使うことを考えれば大学カード、コストパフォーマンスでではカード会社の学生専用カードが便利だと言えそうです

コンテンツ・メニュー

学生用クレジットカード